« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

四月に入ったと思えば、もう明後日には五月になってしまいますね。

新入生や新入社員の方々はそろそろ新しい環境にも慣れてきたころでしょうか。

 

今月の休日は、天候に恵まれておりテニスをしたり、たこ焼きパーティー用の蛸を明石まで買出しに行ったり、四国までうどんや初鰹を食べに行ったりしてたわけですが、たまには文化的な休日の過ごし方をしてみようと思い、今日はDVD鑑賞♪

 

 

 

映画の展開に思わず泣いてしまった@いつからか泣き方を忘れていたふぇんりるです☆

 

 

ちなみに映画のタイトルは『ワンピース エピソードオブアラバスタ~砂漠の王女と海賊たち』です。

 

 

そこで、映画の内容に関連して・・・今回のテーマは“絆”です☆

 

 

 

 

 ~絆~

 

 

普段の生活の中で、いつも一緒に過ごしている友達や会社の同僚はあなたにとってどのような存在ですか?

 

 

ただ一緒にいるだけの存在?

 

楽しい時間を共に過ごす存在?

 

お互いの利害が一致しているだけの存在?

困っているとき、助け合うことができる存在?

 

 

いつも一緒にいる人たちが自分にとって、どのような存在だと捉えるかはひとそれぞれだと思います。

 

 

 

例えば、同じ想いをもつ仲間同士が、ちょっとした勘違い・思い違いによる誤解が原因で気持ちのすれ違いが生じてしまい、不本意な結果を導いてしまうことがあります。

そして、お互いを傷付けざるを得ない状況になってしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

そんな中、身を削ってでも、傷付け合っている仲間たちの誤解を解消しようとしているひとがいるとしたら、そのひとに対して自分の身をも託すことができますか?

 

 

 

そして、自分の身を託すことができるくらい信頼できるひとの存在が、自分たちにとって敵対するものに決して惑わされることのない、“仲間のしるし”となるのだと思います。

 

 

たとえ、遠く離れていてもその“仲間のしるし”が心にある限り、きっと、それが目標に突き進む原動力となり、また、自分自身の心の支えとなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »