« 雇用対策の是非 | トップページ | 恭賀新年 »

広大な宇宙へ

宇宙に160文字のメッセージ送信 豪科学誌が企画
「地球からこんにちは」――太陽系外の惑星にメッセージを送るプロジェクトが、オーストラリアで進められている。

 HelloFromEarthと呼ばれるこのプロジェクトは、科学誌COSMOSがオーストラリアのナショナルサイエンスウィーク向けに企画したものだ。一般の人からメッセージを集めて、米航空宇宙局(NASA)のアンテナで宇宙に送信する。送信先は太陽系外のGliese 581dという惑星で、生命が存在する可能性があるという。

 HelloFromEarthは8月12日から23日まで、Gliese 581dに送るメッセージをWebサイトで受け付けている。オーストラリア以外の国からも応募できるが、メッセージは英語のみで160文字まで。サイトには、「いつか会えたらいいですね」「あなたたちの星を訪問したいです」「星間バーベキューにご招待します」といったメッセージが寄せられている。

 集められたメッセージはテキストファイルにまとめられ、バイナリコードに変換され、豪キャンベラにあるNASAの施設から送信される。Gliese 581dは地球から20.3光年の位置にあり、メッセージの到着は20年後の2029年12月ごろの予定。返事をもらえるとしたら、Gliese 581dの通信技術が高度なものでない限り42年かかるという。
2009/8/13 配信(ITmedia News)
 
 
 
  
 
 
通信技術は日々、急激に進化してきていますが、とうとう地球外との通信も可能になりつつあるようです。
 
 
このプロジェクトが成功すれば・・・
 
 
人類は地球にとどまることなく、広大な宇宙に活動を広げていくための大きな進歩となるでしょう。
 
 
生きているうちに返事をもらえるのだろうか。
 
 
 
 

|

« 雇用対策の是非 | トップページ | 恭賀新年 »

コメント

スケールのでっかい話・・・(笑)
いつ、太陽系が、宇宙のブラックホールにはいるかわからない・・計算では、すでにでているとおもうが・・
そのときのための、宇宙ステーション『ノアの箱舟計画』

新婚旅行で、宇宙旅行する時代・・・(笑)

宇宙科学は、もっとすすんでいるでしょう。
技術的に、少しづつ、国として、見せておかないとね。

自己防衛技術の発展も、この宇宙科学技術に比例する。

お天気宇宙衛星・・・中に何が搭載されているんでしょうね・・・(笑)

投稿: おちょう | 2009年8月15日 (土) 07時28分

>おちょうさま
 
アメリカのどっかの会社が月の土地を販売していました。
 
今のうちから買っておいたほうがいいかもしれませんね(笑)
 
 
宇宙開発で優れた技術を示すことができれば、他国に対してあらゆる面で優位に立てるでしょう。
 
 
宇宙旅行、楽しみですね~♪

投稿: ふぇんりる | 2009年8月18日 (火) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137882/30955210

この記事へのトラックバック一覧です: 広大な宇宙へ:

« 雇用対策の是非 | トップページ | 恭賀新年 »